認定NPO法人制度について

2019.04.01(月) 更新
(2)これから認定を目指す方へ

 

認定NPO法人とは

 NPO法人への寄附を促すことにより、NPO法人の活動を支援するために税制上設けられた措置で、NPO法人のうち一定の要件を満たすものについて、所轄庁が認定を行うものです。

また、滋賀県では、NPO法人への寄附文化の醸成を制度的に推進するとともに、寄附金の収入要件を達成できないNPO法人が個別に指定を受けることで、認定NPO法人になることも可能となるよう滋賀県NPO法人個別指定制度を平成25年4月1日に施行しました。

 

 

認定手続等の概要について

1.事前相談(任意)

    認定申請をお考えの方は、まず、事前相談をお願いします。

    事前相談は、以下の窓口で行っています。

  ・滋賀県庁本館3階 県民活動生活課 県民活動・協働推進室

    【電 話】077-528-3419

    【FAX】077-528-4840

    【メール】npo@pref.shiga.lg.jp

            (※) 原則として予約制で実施しますので、事前に電話、FAXまたはメールにて予約してください。

 

    ・県内各地にある中間支援組織

     中間支援組織一覧はこちら

 

 

   ※   事前チェックシート【エクセル】を使うと、基準を満たしているか概ねのチェックができます。

 

2.申請書提出

    所轄庁に認定(特例認定)申請書等を提出してください。
                                                                  →認定(特例認定)申請時に提出する書類についてはこちら

 

3.実態確認等

    所轄庁の担当者が、書類審査に加え実態確認等を行う場合があります。

  ※  確認させていただく資料(例)については、「確認させていただく資料(例)【Word】」をご覧く ださい。

 

 

 認定等の有効期間等

    認定の有効期間は、所轄庁による認定の日から起算して5年、特例認定は3年となります。また、認定の有効期間の更新を受けようとする認定NPO法人は、有効期間の満了の日の6ヶ月前から3ヶ月前までの間に有効期間の更新の申請をし、 有効期間の更新を受けることとなります(特例認定には有効期間の更新はありません)。
    認定の有効期間の更新がされた場合の認定の有効期間は、従前の認定の有効期間の満了の日の翌日から起算して5年となります。

 

 

参考リンク

内閣府NPOホームページ NPO法Q&A(外部サイトへリンク)