協働プラットフォームの開催状況

2018.03.22(木) 更新
(16)【平成30年3月19日開催】絶滅危惧種「ムラサキ」を活用した地域活性化プロジェクト~東近江ムラサキ紫縁プロジェクト 1350周年の集いについて~

 

開催日時

平成30年3月19日(月)14時00分~16時00分

開催場所

滋賀県東近江合同庁舎3-C会議室

テーマ 絶滅危惧種「ムラサキ」を活用した地域活性化プロジェクト~東近江ムラサキ紫縁プロジェクト 1350周年の集いについて~
テーマの提案理由

東近江市の花で絶滅危惧種の「紫草」を活用した、地域活性化に挑戦するプロジェクト。「産地」としての奥永源寺地域と、「官庁」としての東近江市役所の支援、「学術機関」として八日市南高校と長浜バイオ大学、「創造者」としての染織家アーティストや加工品業者が連携して、「産・官・学・創」の連携プロジェクトとして活動に取り組んでいる。
本事業の中核である「東近江ムラサキ」は、今年2018年に万葉集に登場して1350周年の節目の年を迎える。全国で唯一の「市の花」であるということと、「絶滅危惧種」に指定される希少な地域資源を活用した「地域活性化プロジェクト」に対して、東近江市内のみならず、滋賀県全体としても幅広い分野の事業者や活動団体の協働を募り、滋賀県の魅力づくりに根ざした活動にしたいという想いで提案しました。

会議資料

提案者からの説明資料1

提案者からの説明資料2

議事要旨 平成29年度第7回議事要旨【PDF】


  • 写真1
  • 写真2